読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニソンブログ ア・ラ・カルト

アニソンに関するデータと情報を扱うブログ。 アニソン評論サークル『アニソン ア・ラ・カルト』の告知もします

アニソン聞き放題サービス・ANiUTa(アニュータ)検証!アニソン以外も聞かなきゃ損!

f:id:animesong_gamesong:20170326222134p:plain

2017年3月24日から、世界初のアニソン定額音楽配信サービス「ANiUTa(アニュータ)」がスタートしました。

 

「Apple Music」「Prime Music」など聴き放題サービスは様々ありますが、アニソンに特化したサービスは初めて。既存の定額音楽配信はアニソン自体が少ないこともあり、アニソンファンにとっては待ちに待ったサービスですね。

早速、管理人も600円払って入会して色々な楽曲を聞いてみましたが、アニメ主題歌以外にもかなり充実しているのはあまり知られていないのでは・・・?

今回はそんな「ANiUTa」の現在の楽曲の状況、「ANiUTa」の魅力、そしてこういう記事を書くことで皆さんから「こんな曲もあるよ!」とアドバイスをもらうために(笑)、いくつか項目を挙げてピックアップしていきましょう。

 

放送中のアニソンの楽曲数は意外と少ない?

2017年冬に放送中のアニメは、秋からの継続作品やNARUTOなどのゴールデン帯の長寿番組も含めて約60本。このうち、「ANiUTa」で配信されている楽曲は2017年3月26日現在26本約43%と意外と少ないのです。

下記リンク(スプレッドシート)は映画やOVAも含めて集計しているのでマイナーな楽曲もあると思いますが、楽曲数で見ても、発売中の176曲中76曲(43%)とほぼ一致します。(2017年1月~3月で新曲が発表されているもののみ集計)

少ない原因は2つあります。

まず、すべてのアニソンレーベルが参加しているわけではないということ。

現在ANiUTaに参加しているレーベル・レコード会社は以下の画像のとおりです。

フライングドッグ、ランティス、ポニーキャニオン、MAGES、エイベックスといった大手はいますが、ソニー、キングレコード、日本コロムビアなどはまだ不参加。

f:id:animesong_gamesong:20170326222452p:plain

https://aniuta.co.jp/

そして参加レーベルに名を連ねていても、新曲解禁のタイミングが各社で異なることも率が低い要因です。

今期アニメで言うと、『スクールガールストライカーズ』『ガヴリールドロップアウト』『弱虫ペダル NEW GENERATION』などの音楽レーベルは参加しているのですが、放送中だからかまだ配信は開始されていません。

逆に、フライングドッグ、ランティス、Rejetあたりのアニメは楽曲解禁が早いですね。

 

「放送中のアニメの楽曲が聴けないんじゃ、定額音楽配信ってあまりお得じゃないんじゃないの?」と思いましたか?

いやいや、アニソンってのは新曲だけが魅力じゃないんですよ!そしてそれ以外の楽曲もANiUTaは充実していることを今回はお伝えしたいのです!

 

①キャラクターソングがかなり充実!

昨今のアニメでは主題歌以外にキャラクターソングが発売されることがほぼ当たり前になっていますが、それらの楽曲がアニメ内で流れることはほとんどありません。

聴いたことがない楽曲にお金を出すのは抵抗がありますが、定額配信なら気軽に聴けるので今までにない発見があるかも!?

f:id:animesong_gamesong:20170326224102p:plainf:id:animesong_gamesong:20170326224059p:plain

例えば2016年秋アニメの『装神少女まとい』のキャラソンアルバムは2月に発売したわけですが、すでに配信済一覧に。『あんハピ♪』のキャラソンは毎月リリースされていたのですが、こちらも1枚を除いてすべて配信されています。

『ラブライブ!』はソロコレクションの楽曲もありましたし、昔の作品も数多くキャラソンが出ています。

また、ソロ曲は参加レーベルの都合上配信されていない声優も、キャラソンなら話は別。現に、水樹奈々や田村ゆかりのキャラソンも何曲も配信されています。

さすがに円盤特典のキャラソン楽曲はありませんが、これだけでもかなり充実していると思います。

f:id:animesong_gamesong:20170326225412p:plainf:id:animesong_gamesong:20170326225421p:plain

 

②未アニメ化のゲーム作品やメディアミックス作品などの楽曲も!

ANiUTaは『アニソン聴き放題』 というキャッチコピーのため、「アニソンしかない」と思いがちですが、アニメ化していない作品の楽曲や、メディアミックス作品も数多くあります!

『アイドリッシュセブン』『あんさんぶるスターズ!』『B-PROJECT』『夢色キャスト』『夢王国と眠れる100人の王子様』『ツキウタ。シリーズ』などの女性向け作品、

『ラブライブ!』『ひなビタ♪』『Re:ステージ!』『バンドリ!』などの、楽曲と深く結びついたメディアミックス作品も充実しています。

f:id:animesong_gamesong:20170326225916p:plainf:id:animesong_gamesong:20170326224058p:plain

f:id:animesong_gamesong:20170326223947p:plainf:id:animesong_gamesong:20170326224051p:plain

 

残念ながら『アイドルマスターシリーズ』や『Tokyo 7th シスターズ』などの楽曲は現在ANiUTaでは配信されていませんが、ランティスやビクターがレーベル参加しているので、今後解禁される可能性はあるかも??

 

③アニソン歌手や声優のノンタイアップ楽曲も充実!

これが個人的に一番お勧めしたいこと!

アニメ主題歌に興味をもったら、次はその歌ってるアーティストに注目するというのは自然な流れだと思います。

でも、ノンタイアップの楽曲ってちょっと…と思う方にこそ朗報。

なんとシングルのカップリング曲やアルバム曲も数多く配信されています!

例えば3月15日に発売された西沢幸奏のアルバム「Break Your Fate」、そして3月22日に発売されたyozuca*のアルバム「15年目の女」ですが、ご覧の通り。

f:id:animesong_gamesong:20170326224052p:plainf:id:animesong_gamesong:20170326224053p:plain

f:id:animesong_gamesong:20170326224100p:plainf:id:animesong_gamesong:20170326224111p:plain

もちろん少し前のアルバムも。

今は楽曲単位でiTunesで買ってるという人もいるので、なかなかアルバムに手を出しにくいという人もいるはず。これが月額600円で聴けるならかなりお得ではないでしょうか?

 

④PCゲーム楽曲も少ないながらも配信されている

意外と手に入りづらいPCゲーム楽曲。こちらは数が少ないですが配信されているものもあります。例えば第二文芸部バンドの「キラ☆キラ」や、佐藤ひろ美と飛蘭の「Witch's Garden」など。

f:id:animesong_gamesong:20170326224055p:plainf:id:animesong_gamesong:20170326224054p:plain

ただし権利関係がややこしいのか、 アルバムの名前があっても全然中身はないという事例も多々あるので注意が必要(さすがに下のはガッカリしました。。。)。どうしても欲しい場合は定額配信ではなく、アルバム自体を買いましょうね。

f:id:animesong_gamesong:20170326224108p:plainf:id:animesong_gamesong:20170326224109p:plain

 


いかがだったでしょうか?

とりあえず気軽に楽曲を漁れるというのはかなり嬉しい機能だと思います。

あと、作品名で検索してもたまに漏れたりするので、アーティスト名や曲名などで検索すると、気になってた楽曲が意外とヒットするかもしれませんよ?