読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニソンブログ ア・ラ・カルト

アニソンに関するデータと情報を扱うブログ。 アニソン評論サークル『アニソン ア・ラ・カルト』の告知もします

2017年冬アニメ OP・EDを見てみよう!その4

 
 
 

f:id:animesong_gamesong:20170129145530j:plain

その3の紹介からだいぶ間が空いてしまいました。

3話でOP・EDが初披露となったアニメもあったりしましたが、これで一通り出そろったかな?

その1~3はこちらのリンクからどうぞ! 

幼女戦記

MYTH&ROIDの歌うOP「JINGO JUNGLE」は今期のアニメのなかでもかなり苛烈な楽曲。 主人公であるターニャ・デグレチャフの非情な性格などを楽曲でも表している、そんな感じに受け取れました。ちなみに「JINGO」とは盲目的愛国者という意味。ミスドの楽曲の歌詞はかなり練られているので、フルver.で最終的にどういうことを歌っているのかしっかり読み取りたいですね。

EDはターニャ(CV:悠木碧)によるキャラソン。OPとはまた違う激しさがありますね。曲中のセリフがとてもカッコいい!

EDに流れるイラストは、原作の挿絵も描いている篠月しのぶさん。楽曲の雰囲気と相まってめちゃくちゃ引き込まれますね。

 

リトルウィッチアカデミア

アニメミライ、劇場版と作られた『リトルウィッチアカデミア』がついにテレビアニメに。

OPテーマ「Shiny Ray」を歌うのはこれがデビュー曲となるYURiKA。「第一回TOHO animation RECORDS 次世代アーティストオーディション」の合格者で、2014年の「アニソンのど自慢G」で優勝をしたお方です。

エレクトーンとアコギの優しいメロディに乗せて、彼女の元気な歌声が響くこの楽曲はアッコたちのルーナノヴァでの活躍を予感させますね。彼女のTwitterでも熱い想いが吐露されていました。

EDは、劇場版の主題歌を担当した大原ゆい子。しっとりとした優しい楽曲で、アニメの締めとしても、日曜の夜の寝る前にもぴったりですね。「待ちきれない物語の続きを探そう」というサビの歌詞が個人的にお気に入り。

ちなみにED映像の絵は話数によってすこしづつ変わっています。

ガヴリールドロップアウト

OPは今期のなかでもかなりの電波曲。一度聴いたら忘れられない歌詞(というかセリフ?)とメロディですよね。歌っている中の人は、富田美憂、大西沙織、大空直美、花澤香菜。特に大空さん(サターニャ)の担当部分が自由すぎて、楽しく歌ってるのが伝わってきます。これ、イベントで歌うとなったらどうなるんだろ?w

作詞・作編曲はヒャダインこと前山田健一さん。Aメロのメロディの分け方とか、ヒャダイン節だなーと感じますね。

www.nicovideo.jp

EDもなかなかの電波曲。こちらの作詞は坂井竜二さん、作編曲は山崎真吾さん。『くまみこ』のED「KUMAMIKO DANCING」や『精霊使いの剣舞』のED「精霊剣舞祭」などでもタッグを組んでる方々です。

デジタルポップなアレンジでピコピコ聞こえる部分もあったり、「天才!」「最高!」などの合いの手など、聴けば聴くほどに楽しくなってくる楽曲ですね。映像は作中ではあまり見れない彼女たちの天使と悪魔姿。この中だとヴィーネがエロいと思いました(直球)。

www.nicovideo.jp

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス(第2期)

OP「illuminate」を歌うのは栗林みな実 改め Minami。改名後2作目のタイアップです。

1期の爽やかな楽曲とは対照的にシリアスなメロディと映像。サビで一気に音が広がっていく感じは、栗の子の表現力や歌唱力でさらに深みが増してます。ちなみに歌詞は本人のツイートによるとスレイ目線とのこと。

EDは1期OPを担当していたFLOWが続投。サビの熱さがたまらない曲ですね。動画、止め絵、セピア調を上手く組み合わせた映像がとてもお見事!何度でも見返したくなります。

ちなみに「INNOSENSE」という曲名は造語ですが、この意味はまだ明かされてないんですよね。「無垢」という意味の「INNOCENCE」と、「In No Sense」を掛けた感じかな?


けものフレンズ

一部で話題(?)になっているこのアニメ。不思議な世界観でその一部の人を魅了してますが、楽曲のクオリティも高いのでもっと注目されていいと思うんです。

OPを歌うのはどうぶつビスケッツ×PPP。尾崎由香、本宮佳奈、小野早稀、佐々木未来、根本流風、田村響華、相羽あいな、築田行子の8人の声優が歌唱しております。ラストの「ララララ~♪」の部分が聞いててとても楽しいですよね。中毒性が高い。

作詞・作編曲はOxTのボーカルの大石昌良さんが担当。「けものはいても のけ者はいない」という歌詞が個人的にこの作品をよく表してるなと思います。

www.nicovideo.jp

EDを歌うのはシンガーソングライターのみゆはん。作中でもスナネコ役で出演しています。OPはジャパリパークの楽しげな雰囲気を歌ったものでしたが、EDは「フレンズ」の部分をフィーチャーした楽曲になっています。純粋に心に沁みる歌詞だなぁ。

ちなみにED映像は世界各地の廃遊園地の写真が映し出されています。これについては各所の考察ブログを見た方がいいかも。

www.nicovideo.jp

ハンドシェイカー

『K』を作ったGoHandsの新作。

OPを歌うのはオーイシマサヨシとTom-H@ckのユニット・OxT。アコギとエレキ、そしてピアノの音が奏でる流れるようなカッコいい楽曲。個人的には、フルver.のラスサビ前の間奏部分のギターバトルだけで何度もリピートできるくらい。OP映像はホントぬるぬる動いていますね。独特な色彩はやはり目を惹きます。

EDを歌うのは新居昭乃。アニメタイアップは『まおゆう~魔王勇者~』以来4年ぶりです。OPとは対照的に、新居さん独特のしっとりとした素晴らしい楽曲。本人としては「ちょっとレトロなメロディ」な気がしてるんだとか。

www.nicovideo.jp

この素晴らしい世界に祝福を!2

OPテーマ「TOMORROW」は1期から引き続きMachicoが担当。彼女のはつらつとした歌声と、疾走感のあるノリのいいメロディによるロックチューン。1期OPのポップさとはまた違った表現で『このすば』の明るい物語を表しています。

今回のOP映像はストーリー仕立てになっており、1つのクエストをカズマたちがクリアするという内容。この1分半だけでアクアやめぐみんの個性がわかってしまうのは素晴らしい。

EDも1期から引き続き、アクア・めぐみん・ダクネスによるのどかなキャラクターソング。カントリー風な楽曲ってアニソンでは珍しいですが、しっくりくるのはやはり世界観ゆえですかね。

映像も冒険ではない日常エピソードって感じでいいですね。カズマが人数分の魚をしっかり釣ってるのがいいですね。

www.nicovideo.jp

小林さんちのメイドラゴン

fhánaの歌うOP「青空のラプソディ」は、イントロから印象に残るポップな楽曲。fhánaにしてはかなり珍しい曲調ですが、意外としっくりくるんですよね。ちなみに佐藤さん曰く、フィリーソウルミュージック(フィラデルフィア・ソウル)を参考にしたとのこと。

映像は、なんというか中毒性がありますよね…w 初っ端のトールたちのくねくねした踊りもそうですし、サビの人間ヘリコプターもしかり。

ED「イシュカン・コミュニケーション」を歌うのはドラゴン4人のユニット・ちょろゴンず(CV:桑原由気,長縄まりあ,高田憂希,高橋未奈美)。「一週間」と「異種間」を掛けているタイトルです。作曲はOPのfhánaの佐藤純一さんが、ギターは和賀裕希さんが担当しています。

ほのぼのとした音楽に癒されますね。特に始めの「パラパパパラ パーパラパーパラ」の部分がとても癖になります。映像のデフォルメされたドラゴン4人(4匹?)も本当にかわいい。「それな」のスタンプ(?)でくすっと笑ってしまうのは管理人だけでしょうか?w

www.nicovideo.jp

MARGINAL#4 KISSから創造るBig Bang

乙女ゲームやシチュエーションCDを発売しているメーカー・Rejet発の二次元アイドル。2013年から活動開始した彼らがついにアニメで動きます。

OPを歌うのはもちろんMARGINAL#4(CV:増田俊樹、高橋直純、KENN、鈴木裕斗)。「WeMe」は昨今の二次元アイドルソングと比べると若干スローテンポではありますが、明るくてポップでキラキラしてるのはやはりマジフォーらしい感じです。ダンスもすごく動いてますよね。作画班すげーな。

EDは毎週週替わりで変更。挿入歌ではダンスシーンももちろんあるので、キラキラした男性アイドルを見たいならマジフォーは必見ですよ。

  

BanG Dream!

キャラクターとリアルライブがリンクする次世代ガールズバンドプロジェクト『バンドリ』。アニメ化前からライブ会場が満員になるなど注目度の高い作品です。

OPとEDは主人公の戸山香澄たちのバンド・Poppin' Partyによる楽曲。OPテーマ「ときめきエクスペリエンス!」はバンドリらしい明るい前向きなガールズロック。演奏シーンもしっかり描かれており、この映像だけでも見ごたえがあります。

ED「キラキラだとか夢だとか ~Sing Girls~」は、OPとは違いメンバー全員のソロ歌唱パートがあります。この前発売した「走り始めたばかりのキミに」でもソロ歌唱パートがありましたが、それに引き続きとなります。ライブだとめちゃくちゃ大変だこれ。

ちなみに、Poppin' Party以外のバンドの歌唱もありますよ。1話で流れたGlitter*Greenの「Don't be afraid」もポジティブでノれる楽曲です。香澄がバンドを始めたいという想いを抱くきっかけになったシーンでもあり、「いつまでも冷めない恋をしたみたいだ」というフレーズがかなり印象的。

ちなみにGlitter*Greenの中の人はミルキィホームズの4人。ブシロードの木谷社長曰く「ユニット感を出したかったから」とのこと。

 


いかがでしたでしょうか?今回紹介しきれなかった作品もありますが、今期も多くの素晴らしいアニソンが聴けるのは、アニソンブログをやってる身としては嬉しい限り。皆さんのお気に入りはなんでしょうかね?