読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニソンブログ ア・ラ・カルト

アニソンに関するデータと情報を扱うブログ。 アニソン評論サークル『アニソン ア・ラ・カルト』の告知もします

2017年冬アニメ OP・EDを見てみよう!その2

アニソン紹介記事
 
 
 

f:id:animesong_gamesong:20170110215222j:plain

冬アニメの主題歌特集第2弾。

発表されている主題歌(OP/ED)がすべて流れたものをご紹介します。

その1はこちらの記事をご覧ください。

南鎌倉高校女子自転車部

月刊コミックブレイドで連載中の作品が待望のアニメ化。タイトル通り、競技自転車をテーマにした作品です。

OPを歌うのはA応P。『おそ松さん』以降、これで6期連続のアニメタイアップです。メンバーの広瀬ゆうきも声優として秋月巴役で出演中。

楽曲は自転車アニメらしい爽やかなメロディが特徴ですが、A応Pの曲としては珍しい曲調だと思います。初めて聞いたときは随分ポップだなと感じました。


EDを歌うのはニコニコ動画の歌い手のいかさん。男女のツインボーカルに聴こえますが、実は一人で歌っているんです。女性とは思えないイケボにびっくりしてしまいますよね。

風夏

瀬尾公治による漫画が原作のアニメ。瀬尾作品ではおなじみの恋愛要素に加え、今回は音楽もテーマになっています。

OPを歌うのは沼倉愛美。 ソロデビューして2作目のアニメタイアップで、声優としても劇中バンド・ヘッジホッグスのボーカルのたま役で出演しています。

ヘッジホッグスが歌う絵で始まるOPですが、ラストに風夏たちが演奏で混ざっていく演出はいいですね。爽やかなロックにぬーさんの凛々しい声がぴったりです。

そしてEDを歌うのは2年ぶりの復帰となる中島愛。

まめぐの優し気な声がとても映える楽曲ですね。疾走感もありつつどこか暖かくなる感じと言うか。ギターとキーボードの音が耳心地いい。

ちなみにOP・EDは、ともに原作者の瀬尾公治が作詞を担当。瀬尾先生、本当に何でもできる人だなぁ。 

にゃんこデイズ

可愛らしいにゃんこに癒されるアニメ。主題歌を歌うのは声優の木戸衣吹と山崎エリイのユニット・every♥ing!。歌詞がすごいあざといなぁ、と思ったら作詞・作編曲はヒャダインこと前山田健一さんでした。納得です。

 

アイドル事変

ぶっ飛んだ設定で話題となっているアイドル×議員というテーマのアニメ。アニメの楽曲をハロー!プロジェクトでおなじみのつんく♂氏がサウンドプロデュースしています。

OPはアイドル議員9人によるユニット・SMILE♥X。歌詞を聞いてるとつんく♂らしい言葉選びだなぁと感じますね。個人的に、国会議事堂で歌って踊るというOP映像が結構好きです。

アイドルアニメでおなじみのライブシーンももちろんありました。1話で流れたのは星菜夏月(CV:八島さらら)、鬼丸静(CV:渕上舞)のユニット・withによるデュエットソング「START UP, DREAM!!」。ゲームの初期曲でもありますが、動いて踊ってるのが新鮮です。ゲームだとキャラクターの頭身が低いですからね。

EDもwithが歌唱を担当。アニソンらしくない、アイドルソングらしい特徴的なメロディですよね。ポップでキャッチーな楽曲なので、何回も聞いてると癖になりそうですね。

 

銀魂.

大人気アニメ『銀魂』シリーズ初の深夜枠。深夜になっても銀さんたちの過激なギャグは変わりませんね。ラブライバーのくだりは大爆笑でしたw

OPを歌うのは2016年にメジャーデビューしたガールズバンドЯeaL(リアル)。特徴的なボーカルとキャッチーなメロディーが癖になりますね。

EDを歌うのは人気ロックバンドのRIZE。公式サイトのコメントや下のTwitterを見てもらうとわかりますが、ベースのKenKenさんは『銀魂』の大ファン。

作品を愛して、それをしっかり表現してもらえるのはファンにとってはとても嬉しいことですよね。曲もすごくカッコいいし、RIZEが銀魂の曲を歌ってくれて本当に良かった! 

弱虫ペダル NEW GENERATIONS

大人気アニメ『弱虫ペダル』の新シリーズ。3年生たちが引退し、坂道たちは次のインターハイを目指します。

OPを歌うのは夏代孝明。『フューチャーカード バディファイト トリプルディー』以来のアニメタイアップです。「ケイデンス」というタイトルや、「受け取ったバトン」「アスファルトの坂道飛び越えて」など、弱ペダらしさ全開の歌詞がとても素敵です。Bメロの歌詞は「恋のヒメヒメぺったんこ」のことを表してるってことでいいのかな?w

EDを歌うのはシンガーソングライターの佐伯ユウスケ。ちょっと切ないAメロ・Bメロから、サビで一気に明るくなるのがとても印象的です。ED映像はNEW GENERATIONで活躍する手嶋と青八木の2人がメイン。手嶋先輩好きな管理人としては嬉しい限りです。

3月のライオン(第2クール)

第2クールのOPは、原作の羽海野チカ先生の前作『ハチミツとクローバー』のアニメの主題歌を歌っていたYUKI。

羽海野先生とも親交が深い彼女。YUKI自身の決意を歌った曲でもありますが(ソース)、映像がつくと零の視点で追ってしまいますね。サビの映像とかも引き込まれます。

EDを歌うのはシンガーソングライターの米津玄師。彼らしい独特なリズム感はもちろん、それに合わせた印象的な映像も素晴らしい。

 

TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-(第2クール)

第2クールのOPは第1クールのEDを担当した田所あずさ。「運命ジレンマ」は”タドコロック” の魅力が詰まったカッコいい1曲になっていますね。

作詞・作曲はUNISON SQUARE GARDENの田淵智也さんが担当。田淵さんらしい言い回しやメロディが癖になりますね。

EDを歌うのはアニメで怪人二十面相役でも出演しているGACKT。第1クールのOPに引き続きの主題歌担当です。

少しゴシックなメロディに乗せたGACKTの艶やかな歌声がたまりませんね。

デジモンユニバース アプリモンスターズ(第2クール)

2クール目の楽曲を歌うのは高校生アニソンシンガーの和島あみ。サビで一気に盛り上がる楽曲ですね。感情を込めた歌い方が特徴的な彼女にとても合ってる曲だと思います。映像は第1クールEDとはうってかわってエリづくし。ポニテ姿や浴衣姿が可愛すぎなんですけどー!